« Eastman810CE | トップページ | 財務報告に係る内部統制の構築・評価・監査の実務 »

2007年11月10日 (土)

The Jazz Theory Book

The Jazz Theory Book

The Jazz Theory Book (Mark Levine)

タイトルどおり、ジャズの理論書です。コードやスケールについて非常にわかりやすく書かれており、かつ著名プレイヤーの実例も豊富に交えながら解説されている良書。

私は米国ビジネススクール留学中の2003年夏にこの本を入手して読みました。確かAmazon.comに注文したら入荷予定が不明とかいうメールが来て、入手を諦めていたところ、たまたまEastman School of Musicのブックストアで見つけて買ったのでした。

いつ読んでも、非常にわかりやすく、面白い本です。平易な英語で書かれているので、日本人でも特に抵抗はないのではないでしょうか。

« Eastman810CE | トップページ | 財務報告に係る内部統制の構築・評価・監査の実務 »

書籍(ジャズ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Jazz Theory Book:

« Eastman810CE | トップページ | 財務報告に係る内部統制の構築・評価・監査の実務 »