カテゴリー「書籍(ビジネス)」の記事

2007年11月22日 (木)

財務3表一体理解法

3 決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)

巷では非常に人気の高い本だそうですが・・・私は特に新しい知見を得ることはありませんでした。

そもそも、財務3表を一体で理解するのって、当然じゃないの?少なくともBSやPLを勉強すれば仕訳を勉強することになるので、その時にBSとPLのつながりを知ることになるはずですから、仕訳を知ればBSとPLを一体で理解することになるはず。あとは間接法などでSCFのつくりを知れば3表を一体で理解できます。この本で敢えて「一体理解法」と命名して新しい手法としているところに非常に違和感を覚えます。

でも、諸々のレビューを読むと高く評価されているので、最近やたらと世の中に出ている会計本の中では中身がしっかりしていて良いのかもしれません。

2007年11月11日 (日)

財務報告に係る内部統制の構築・評価・監査の実務

Ic1 財務報告に係る内部統制の構築・評価・監査の実務(鈴木輝夫)

内部統制(特に日本版SOX法)について、背景の解説から実務上の対応方法までカバーされています。

特に文書化とテスト・評価については、金融庁の「実施基準」を踏まえ、例を交えながら詳しく解説されており、実務への指針として役立つと思われます。ただし、「内部統制とは?」といった初歩的なところは、もっと「サルでもわかる」系の書籍の方が理解しやすいでしょう。